「ふふ京都」に宿泊

2021年4月26日(月)、京都・南禅寺エリアにオープンした「ふふ京都」へ車で行ってきました。「ふふ京都」の駐車場はないですが、近隣に3つの駐車場があり、¥1,000負担してもらえます。
ロビーなど全体的に小さめのホテルです。

お部屋の種類

ふふ京都には、
・スタイリッシュキングダブル
・コンフォートツイン
・プレシャススイートツイン
・プレミアムスイートツイン
・ふふラグジュアリーコーナースイート
・ふふラグジュアリープレミアムスイート
とお部屋の種類は全部で6種類あります。
今回プレシャススイートツインに泊まりました。

プレシャススイートツイン

4階にあるお部屋の入り口。名前は「風雲」

お部屋

53平米で、ひろーい ! という印象はありませんが、スッキリとした和風。

入り口左手に冷蔵庫などあります。タグのついているもの以外は全て無料。瓶ビール、炭酸、お水、お茶、ジュースなどが冷蔵庫に入っています。お湯を沸かすセットが和風で素敵。

トイレは広くて、玄関すぐにありとても落ち着く空間 !

洗面所。化粧水や、シャンプーなどはふふオリジナルのものです。保湿力の高いオーガニックアメニティ。香りも良くてとっても気に入ったので化粧水、美容液、クリームを購入しました。シャンプーも全て購入できます。

部屋にあるお風呂はとても良い檜の香りがします!24時間ずっとお湯が出ていて常にきれい。温度の調節もしてもらえます。はじめは41℃の設定ですが、のぼせやすいので40℃に下げてもらいました。お風呂の障子をあけると向かいにある、うさぎやぞうのイラストがかかれた子ども用観覧車が見えます。景色はよくないですが、お風呂は最高です! 障子を開けても窓があるので外ではありませんが、開けると涼しいです。

夕食

夕ご飯は庭が見えるところでいただきました。レストランはここのみ。

吟醸鯖のへしこ漬けを左にある網で炙っていただきます。美味しい!

小鉢セット。
写真ではわかりにくいですが、右下の鱧がは入っている器が可愛かったので思い出に同じ器が欲しいと思い器屋さんへ、、
なんと!こんな小さいのに1つ¥22,000もしました。びっくり!
京焼 清水焼の陶楽窯の紫彩花紋のシリーズだそうです。

黒毛和牛味噌漬けを竹の葉に包んで炭で焼きます。

竹の中のお肉はこのようにしてお皿に出してくれます。脂がのっているのでこのサイズでもボリュームを感じます!もうすでにお腹がいっぱい。

京地鳥のお鍋。

鮎の釜炊きごはん

黒糖ムースと抹茶氷。氷の抹茶に甘さがないので、あまーい黒糖のムースがとっても美味しい。
オレンジと巨峰がのってます。

お酒は
ブリュット ナチュール<ピルカール・サルモン/シャンパーニュ> グラス¥1,850 (甘さなし)
ニルガメ 限定オーク貯蔵品<新政 / 秋田> グラス¥1,100 (甘い)
をいただきました。
美味しかった〜

朝食

福重膳という名前の朝食。京都丹波産こしひかりの釜炊きご飯もついてます。小鉢がいっぱいで素敵。お家でもやってみたいけど食器の洗い物の量の事ばかり考えてしまう…。でもいつかやってみたい。

庵都汁。白味噌ベースのお汁ですが、和風クリームシチュー !といいたくなるような濃厚なお汁です。美味しい。

まとめ

お客さんは小さい子ども連れの夫婦や、若いカップルが多いように感じました。
良かったところ
・温泉に好きな時間に入れる
・新しい建物なので全体的にきれい
・ご飯が美味しい
・庭の鯉がたくさんいて元気!
1泊だとあっという間に過ぎてし まいましたが、ふふ京都を満喫できました。とてもよかったです。

裏側の駐車場からの出入り口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA